Menu
まとめ記事 / コラム / 婚活

女性のゴールインは結婚活動が必要な時代へ 令和時代の婚活

最近は「婚活」という言葉を聞くことが多いですが、女性が理想の男性と結婚するためには何かしらの活動が必要な時代になりつつあります。

何も活動せずに日々を過ごすだけでは結婚に辿り着けないこともあるため、本気で結婚したいと思ったときは積極的に活動していきたいところです。

日本の婚姻率は低下傾向に

20代から40代を中心に結婚活動が活発化している背景には、婚姻率の低下があります。

厚生労働省が公表している「平成28年度 人口動態統計特殊報告・婚姻に関する統計の概況」によると、2015年(平成27年)の婚姻率は1947年から2015年の68年間で最も低い5.1%です。

逆に最も婚姻率の高い年代は1947年の12.0%、次に1971年の10.5%となっており、1971年を境に日本の婚姻率は低下傾向を辿っています。

厚生労働省が発表している婚姻率は、「年間の婚姻件数」÷「毎年度の10月1日現在の日本人人口」で算出されています。

参考資料:https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/tokusyu/konin16/index.html

婚姻率が低下している理由

婚姻率の低下は様々な要因が重なって起きている現象であり、主に以下のような原因があります。

・働く女性の増加
・結婚に対する考え方の変化
・経済力の不安

特に結婚に対する考え方の変化は婚姻率が低下する大きな理由の1つで、昔は結婚することが当たり前の時代でしたが、今ではデメリットのある結婚をするなら独身でいたいと思う人も少なくありません。

また、未婚や離婚に対する世間のイメージも昔ほどネガティブなものではなくなっている印象があり、自分の考え方に自信を持って自由な人生を歩みやすい社会になっていることも婚姻率の低下に影響していると考えられます。

つまり、昔に比べて「無理して結婚したいと思わない」あるいは「結婚相手に求める条件が高い」という人が増えているため、普通に生活しているだけではお互いの条件がマッチするパートナーを見つけることが難しいことから結婚活動が活発になっている状況です。

結婚活動を応援する市区町村もある

婚姻率の低下は少子高齢化に繋がるため、社会問題としても注目されています。市区町村によっては結婚活動を応援しているところもあるほどです。

栃木県の場合、とちぎ未来クラブが「とちぎ出会いサポート事業」を行っており、結婚を希望するかたに出会いの場や結婚サポーターなどが提供されています。

また、「とちぎ結婚支援センター」という会員登録性のマッチングシステムも実施されていて、積極的に結婚活動を応援するサービスが展開されています。

参考資料:https://www.city.oyama.tochigi.jp/site/shinsei-navi/939.html

「婚活」という言葉の誕生

一般的に結婚活動は「婚活」と呼ばれることが多く、婚活の語源は『「婚活」時代』という書籍が由来です。

『「婚活」時代』は山田昌弘さんと白河桃子さんが共同で制作した社会学本で、現代の非婚化の実態や要因などが伝えられています。

山田昌弘さんは共同著者の白河桃子さんとの会話において、「結婚活動は就職活動のアナロジー」というコメントを残されています。

今は合コンや自分磨きなど何かしらの結婚活動をしなければ結婚することが難しい時代に突入している状況からも、就職活動を略して「就活」と呼ぶことから結婚活動を略して「婚活」と呼ぶことにしたようです。

婚活の実践は2つ

婚活の内容を細かく拾うと様々な内容がありますが、女性の結婚活動とは「女子力を高める」と「出会いを求める」の2つが主な実践です。

男性に魅力を感じてもらえる女性になれば恋愛はスタートしやすいですし、結婚は恋愛の先にあります。

また、恋愛するためには男性と出会わなければならないため、待つだけではなく自ら積極的に男性を探す活動を行いたいところです。

女子力を高める方法

女子力は「容姿(見た目)」と「女性らしさ(性格)」にわけて考えると、女子力を高めるべきポイントを見つけやすいです。

容姿は「ヘアスタイル」・「メイク」・「ファッション」・「スキンケア」・「ムダ毛処理や脱毛」にこだわることで、見た目の魅力を引き上げることができます。

その他、運動やエステなどでボディラインを整えるのも効果的ですね。

女性らしさは性格がベースになることから何をすれば良いのかは難しいところですが、一般的には「料理」を勉強したり「優しい性格」を目指すように努力する方が多い印象です。

結婚相談所など様々なところで男性が女性に求める条件のアンケートが公開されていますが、女性に対して容姿を求める男性が多い結果を良く見かけます。

そのため、女性らしさよりも容姿に磨きをかけることを優先するほうが、結果に繋げやすいでしょう。

出会いを求める方法

今は何かしらの活動をしなければ結婚することが難しい状況なため、「結婚相談所」や「出会いアプリ」の需要が高まっていることも含めて出会いを求める方法はとても多いです。

・自力で探す
・合コン
・知人の紹介
・お見合い
・結婚相談所
・アプリ

基本的に常時マッチングしている状態で生活するほうが確率論として結婚は近くなるため、本気で結婚したい方は、出会いアプリなどのマッチングサービスを利用しておくのがおすすめです。

その間、合コンや知人の紹介などの話があれば積極的に参加していくスタンスを持つと、理想の男性と出会える可能性をさらに高めることができます。

間違っても「待っていれば白馬の王子様がやってくる・・・」と夢見ることは避けたいところです。

運に頼るのではなく結婚に向けて活動していくスタンスを持ちましょう。

結婚したいと思ったら活動し始めることが大切

Exif_JPEG_PICTURE

今は結婚活動を行う人が増えている1つの要因として婚姻率の低下があり、普通に生活しているだけでは結婚以前に恋愛すらできないことも多いです。

結婚するためには女子力を高めながらも積極的に出会いを求めることが大切です。

結婚したいと思ったら、まずは婚活をスタートしてみましょう。

No Comments

    Leave a Reply