Menu
各種サービス / 恋活 / 既婚

既婚者でも恋愛したい!そんな時はどうする?

この人となら、一生幸せな生活を送れる!と考えて結婚してみたけれど、それはどうやら夢だったみたい。そんな風に感じている既婚者が多いようです。

付き合っていた頃は、あんなにラブラブで胸がドキドキしていたのに、結婚したらすべて変わってしまった。もう1度楽しい恋愛がしたい!そう思っている既婚者がいます。そんな時にはどうすればよいのでしょうか?解説していきます。

既婚者でも恋愛したい!と感じるのはどんな時?

既婚者でも恋愛したい!と考えている人がいます。どのような時に、そう感じるのでしょうか?既婚者でありながら、恋愛したい!と感じるのは次のような時です。

・セックスレスなどで、夫や妻に対して不満があるという場合

・あなたのタイプにぴったりの異性と出会った場合

・元カレや元カノなど昔の恋人に再会した場合

・同窓会や職場などで魅力的な異性に出会った場合

・悩み事の相談を聞いてもらった場合

このような時に、恋愛をしたい!と感じることが多いです。既婚者の場合、独身の場合と違い恋愛をすることは社会的に許されませんが、気持ちが揺らいでしまう人がいます。

セックスレスなどで性的な欲求が満たされていない場合、他の異性とセックスをして性的な欲求を解消したいと考えている人はたくさんいます。

男性でも女性でも同じです。夫や妻とセックスしていないと不倫に突っ走ってしまう可能性が高くなります。

とくに、子供が出来てからセックスレスになってしまいそのままというパターンが多いので、このような人は注意が必要です。

あなたには、それぞれ理想のタイプというものがあるでしょう。

今結婚しているパートナーが必ずしもあなたの理想のタイプとは限りません。そんな時に、あなたの理想のタイプの異性に出会ってしまった場合、その人と恋愛をしたい!と感じてしまうことがあります。

現実のパートナーが理想とあまりにもかけ離れているとよりそのように感じることが多いです。

元カレや元カノなど昔の恋人に再会した場合にも、恋愛をしたい!と感じてしまうことが多いです。

元カレや元カノとは付き合っていた頃の楽しい思い出などが蘇りやすく、結婚は出来なかったけれど懐かしさなどから恋愛をしたい!と感じる人がいます。

また、付き合っていた頃の楽しい思い出と現在の結婚生活を比較して、現在よりも充実していた時を思い出すとき、恋愛をしたいと思う気持ちが強まります。そこから、不倫に発展してしまうケースも珍しくありません。

不倫につながりやすいのは、元カレや元カノだけではありません。同窓会などでなつかしい異性と再会する、職場で上司や部下、パート先の上司など魅力的な異性に出会った場合も恋愛をしたいと感じるケースが多いです。

今のパートナーにはない魅力にハマってしまい不倫に発展することが多いです。普段と違うというのが新鮮で魅力的に映るのではないでしょうか。

それから、仕事や家庭の悩み、子供の悩みなど悩み事を相談しているうちに仲良くなって、その人と恋愛をしたいと感じるようになるケースも多いです。

あなたのパートナーには、話しづらい悩みを他の異性に相談して、その悩みを聞いてもらっているうちに好意を持つことがあります。

既婚者が恋愛をしたい!と思った時の対処法について

独身であれば、恋愛をするのは自由です。しかし、それが既婚者であれば自由に恋愛をするということは許されません。

パートナーに迷惑をかけるだけでなく、あなたの親や兄弟、親戚、職場などにも迷惑をかけてしまうことになりかねません。

不倫をしてしまえば、社会的にも厳しい目で見られてしまうことになります。恋愛をしたい!と思ってもそれを踏みとどまらせるには、どうすればよいのでしょうか?

まず、一番良い対処法は落ち着いて考えてみるということです。結婚生活の不満から不倫へと発展してしまうケースがほとんどですが、その時の感情の高ぶりだけで行動するのではなく、冷静になって考えてみましょう。

恋愛がしたいからと相手を見つけて、付き合うと最悪の場合には慰謝料を請求されてしまう、会社を首になる、子供がいれば子供と離れ離れになってしまうなどのことが予想されます。そのような状況になったとしても、恋愛をしたいと思えるのか?本当にそのようなことでいいのか?冷静になって考えてみましょう。

仲の良かった家族を崩壊させるだけでなく、友人やあなたの親にも縁を切られてしまう可能性があります。しっかりと踏みとどまるには冷静に考える時間を作りましょう。

また、得られるものと失うものを比較してみるのもよい対処法です。得られるものは、普段では得られないドキドキ感、恋人同士のような甘い時間を手に入れることが出来ます。普段の結婚生活では得られない刺激的な毎日になるでしょう。

しかし、それと引き換えに失うものもたくさんあります。まずは信頼を失います。不倫によって訴えられたら、多額の金銭を失うことになります。今のパートナーと一緒に過ごす時間、一緒に住んだ家、職、友人、知人、親などを失う可能性があります。

これらを天秤にかけて、どちらが良いのかをしっかりと見極めてみるのがおすすめです。得られるものよりも失うものの方がはるかに多いということにやがて気づくでしょう。

相手の気持ちになって考えてみるのもとても良い対処法です。あなたは結婚生活に不満があって恋愛くらいいいじゃないか?遊びだから許してくれるだろう。このように簡単に考えていませんか?

あなたはほんの遊びのつもりでも、裏切られた方のショックは非常に大きなものです。結婚生活も充実していてこのまま人生を歩もうと考えている相手から突然裏切られてしまったら、どれだけ大きなショックを受けるでしょうか?

その辛さは言葉では伝えられないほど大きなものです。最悪の場合には、命を絶ってしまうという可能性もあります。パートナーを傷つけてしまう行為であるということをよく考えてみましょう。そこまで、あなたのパートナーを傷つけてでもやらなければいけないものなのか?しっかりと考えてみると踏みとどまることが出来るでしょう。

既婚者でも恋愛をしたい!と考えている人は多いでしょうが、そこで得られるものと失うものをしっかりと把握して踏みとどまるようにしましょう。

No Comments

    Leave a Reply