Menu
まとめ記事 / コラム / 婚活

シャンクレールのキャンセル方法・料金についてまとめてみました

急な残業や、体調不良で申込みしていた婚活パーティーをキャンセルしないといけなくなってしまった…

楽しみにしていたパーティーでも、様々な事情でキャンセルしなくてはならないというケースは当然出てきますよね。それは仕方ない事ではあるのですが、その際気になるのは「キャンセル料」です。

婚活パーティーのキャンセル料、少額を後日支払する為、ついつい面倒になって放置していると大変な事になるかも…

今回はシャンクレールのパーティーをキャンセルした場合について、システムやトラブル事例までまとめてみました!

シャンクレールのパーティーをキャンセルするには?

シャンクレールの公式サイトによると、本予約後のキャンセルはパーティー前日の22時までであれば無料でご対応頂けるとのこと。

他社のケースですと平均的に2日前あたりからキャンセル料が発生する事が多く、中には5日前からキャンセル料が発生するパーティーもあるようです。

これらの条件を考えると、他社と比較しても非常に良心的な条件です。

キャンセルの方法としてはオンライン予約、電話予約によって異なるようです。

オンラインからの予約キャンセル方法

◆パーティー開催前日の23:59迄のキャンセル◆
・シャンクレールホームページ内のマイページにログインします。
・「参加予定のパーティー」より「このパーティーをキャンセルする」をクリック
・ご内容を確認のうえで「OK」をクリック
・「パーティーのキャンセルを受付けました。」とメッセージが表示されるとキャンセル完了

お電話からの予約キャンセル方法

◆パーティー開催前日の22:00迄のキャンセル◆

予約センター(050-5533-1000)までご連絡いただき、お名前、ご予約された会場・日時・ご友人様の有無をお伝え下さい。

◆パーティー当日のキャンセル◆

キャンセル料は当日のみ参加費全額発生いたします。(参加費が1,000円以下の場合は、一律1,000円のキャンセル料となります。)
企画によってはそれ以前にキャンセル料金が発生する場合もございます。ご参加予定のパーティー詳細をご確認ください。また、ご予約内容(会場、日時、時間等)の変更は一切承っておりません。当日のキャンセル、不参加は全てキャンセル扱いとなりますのでご注意ください。

キャンセルは速やかに予約センター(050-5533-1000)までご連絡下さい。
■キャンセル料が発生した際には下記口座へ翌営業日までにお振込みください。

シャンクレール

上記の通り、前日の22時以降であればキャンセルが発生しますので、

予め、次の日の予定が怪しくなった段階でキャンセルしておくのも一つの手かもしれません。

キャンセル料の督促が頻繁にあるってホント?

SNSなどの情報をまとめると、シャンクレールのパーティーのキャンセルについては、後日スタッフから、キャンセル料の督促が頻繁にあり、非常にストレスが溜まる…といったケースもあるようです。

キャンセル料は参加費が1,000円以下のパーティーであれば一律1,000円、それ以上ですと本来の参加料がキャンセル料として全額請求されます。

行けなくなったパーティーの支払を後日しなくてはいけないのは、少しモヤモヤとしてしまいますが、連日のようにショートメールなどで

「速やかにお支払い頂けないと、債権回収の会社に委託します。」

というような一見怖くなってしまうメッセージがくるならば早く払って解放されたいですよね。

実際に公式サイトにも予め前日の22時以降はキャンセル料が発生すると謳っているわけですので、これに関しては運営側が請求するのは当然のことです。

しかし大手の運営会社ですし、督促の方法などは少し考えて頂きたいものです…

運営側の落ち度じゃないの?なのにキャンセル料が発生?

個人の都合や、体調不良などでキャンセルとなった場合は、もちろん参加者にキャンセル料の支払義務が発生します。

しかし、SNSなどの情報では、キャンセル理由がシャンクレール側の落ち度や、パーティー内容の変更であったにしても、参加者にはキャンセル料が請求されるケースがあるようです。

「定刻にパーティー会場に行くも誰もおらず、問い合わせしたところ参加者の集まりが悪く、少し遅いパーティーに振り替えさせられた。

その時間は参加出来ない為、キャンセル意思を伝えるとなんとキャンセル料を請求されyた。」

SNS上では上記の様な、運営側の対応に疑問を投げかける書き込みも見られました。

参加者の集まりが悪く、違う時間に振り替えられた為に参加出来ないのは参加者の非では当然ないはずですよね。しかし、スタッフの返答としては「パーティーを当日キャンセルする場合には、必ずキャンセル料が発生します」との返答のようです。

もちろんSNS上の情報ですので、全てが正しい情報とは限りませんが、このような対応が実際にあれば非常に残念です。

パーティーの申込時には、ほとんどの方がパーティーの内容や、年齢制限などの情報のみを見て申込をされるかと思いますが、このようなトラブル事例なども見た上で安心して参加出来るパーティーを選ぶのも重要です。

キャンセル料の督促を放置していたらどうなるの?

上記のようなトラブル事例は別として、通常のキャンセル時に請求されるキャンセル料については速やかに支払を行いましょう。

実際には参加していないパーティーで、数千円の振り込みという事でついつい後回しになり放置してしまう…というケースもあるかと思いますが、他の事例、見解を見ると「予め公式サイトにてキャンセル料の発生要因を記載している場合、運営側にはそれを請求する権利がある」との情報がほとんどでした。

これを踏み倒そうとすると「違法」という見解です。

あまりに滞納期間が長く悪質だと捉えられると弁護士などから連絡が入り、訴訟などにも繋がる可能性もありますので、自分に非がある場合は速やかに支払いましょう。

上記の事例のように、自分に非が無いというケースであれば消費者センターなどへ連絡を入れるのも良いかと思います。

まとめ

シャンクレールに限らず、運営側がキャンセル料の発生ケースをサイトなどに明記していれば、キャンセル料の支払義務が発生しますので、大きなトラブルになる前に速やかに支払を行いましょう。

また参加にあたっては、各パーティー運営会社のパーティー内容はもちろんですが、キャンセル時の対応や評判なども情報を得てから参加するパーティーを選ぶのが良いかと思います。

様々な面を比較してご自分にあったパーティーに参加して、是非楽しい時間・素敵な出会いを見つけてくださいね!

No Comments

    Leave a Reply